腰痛に良いマットレスとは一体どういったものなのでしょうか

世の中色々なマットレスが出ています。

高反発マットレスであったり低反発マットレス中がコイルで出来ていたりウレタン素材のもの様々なマットレスが世の中にはあります。

この中で一言で腰痛に良いマットレスと言ってもなかなか決めることが難しいですが、まず一番大事なのはあなたの体重がどのくらいだということかです。

たとえどんなに腰痛に効果があると言われているマットレスであってもあなたの体験や体重に合っていないと効果が十分に発揮できないと言われています。

その理由はズバリ反発力から来ています。

体重と反発力の関係

例えば体重が40キロの女性と体重が100 kg の大柄の男性を比べた場合に、女性に効果のあるマットレスを100 kg 大柄な男性が使った場合は、おそらく効果が感じられないでしょう。

その逆もまた然りです。

本当に腰に良いマットレスというのはその反発力が体重事によって変わってくるからです。

例えば欧米で有名な高反発マットレスのマニフレックス このマニフレックスは欧米では寝心地がよく勝つ腰痛にも効果があると言われています。

しかしこのマニフレックスの上で日本人の女性が寝るとどう感じるかご存知でしょうか。

大半の女性は マットレスがとても硬くてねごこちが悪かった ドキッと言うでしょう。

その理由はマニフレックスは欧米の大柄な人を対象に設計されています。

つまり体重は40 kg 程度の軽い女性だと体が十分に沈むことができずマットレス全体で体を支えることができないため、あたまかたお尻に体重の負荷が集中してしまいます。

その結果何だか固い布団の上に寝ているようだという形になってしまい、かつ目覚めも体の節々が痛いなってしまいあまり良くはありません。

逆に大柄な人が女性向けの反発力の弱い布団に寝るとどうなるでしょうか。

体が歪みすぎてしまいヘタをするとマットレスの下の床に底付き感を感じてしまい非常に寝落ちが悪いです。

こういったこともあり マットレスはどれがいいというわけではなくまずはどのくらいの反発力があるかを中心に見ていくことが大事です。

この反発力ですが よく言われているのが体重が五十キロくらいの人は100ニュートンの反発力体重が、

50から80 kg 程度の人は140ニュートンの反発力、

またそれ以上の人例えば体重が100キロを超えるような人は170ニュートン以上の反発力が体にいいと言われています。

それぞれの反発力の上で寝ることによって体をマットレス全体の面で支えることによって、体重負荷が均等に分散され寝心地がよくかつ一部に負担が集中しないため目覚めがすっきりし腰痛や肩こりの対策になると言われています。

マットレスのヘタリって何?

まずマットレスの へたりについて 説明していきます。

上記でも説明した通り、 マットレスに対して体重が重すぎている場合、必要以上に体が沈んでしまい 場合によっては底付き感を感じてしまうケースがあります。

このマットがへたるという現象なのですがこれはマットの寿命のことを指しています。

最初新品の時は寝心地が良くても マットレスの材料が粗悪であったりあまり良いものでなかった場合、1年2年と使っていくと 負荷が高い所がどんどんマットが沈んでいきそれが形付いてしまいます。

この形がついてしまうことをマットがへたると言います。

もしこのへたりが出てきた場合そのマットレスはもう寿命と考えられています。

質の良いウレタンやコイルなどを使っている場合はこの左があまりないのですが 激安の高反発マットレスや低反発マットレス の場合最初は寝起きが良くても1年後2年後はどんどん下手って言ってしまい、 結局長い目で見ていくと開会などを含めると最初からモットンなどの良いマットレスを選んだ方がコストパフォーマンスもいいと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です