脊柱管狭窄症

この脊柱管狭窄症とは、腰痛が原因で長い距離を歩くことができないような症状のことを指します。

最も特徴的な症状は、歩いたり休んだりを繰り返す間欠性跛行 のことを指します。

どんな症状?

この腰部脊柱管狭窄症は腰痛自体はあまりないのですが、背筋を伸ばし腰を使って歩こうとすると太ももや膝から下に痺れが発症し歩きづらくなってしまい、またその後しびれの後に今度は痛みがどんどん増していき長時間連続して歩けないような症状のことを指します。

しかし少し休んだりするとまた症状は改善して歩けるようになります。

この脊柱管狭窄症は何で発生してしまうのでしょうか。

この脊柱管狭窄症の原因は基本的には労働や背骨の病気によって 変形した椎間板、また加齢などにより関節から突出した骨によって神経が圧迫されることによって発症します。

脊柱管とは背骨の中で椎間板や関節なのに囲まれた脊髄の神経が通る大きなトンネルです。

猫背は加齢なのでこのトンネルの形が変形していくことによってこのトンネルの中を通っている神経を圧迫してしまい、また神経内で血流が低下してこの脊柱管狭窄症が発症してしまいます。

この背骨の変形ですが中高年に多く見られるため彼が主な原因と言われています 。

脊柱管狭窄症の手術

ではこの脊柱管狭窄症はどのように予防又は治療してはいけないのでしょうか。

まず予防方法ですが、当たり前のことですが日常の生活で正しい姿勢を保ちましょう。

神経の圧迫は腰をまっすぐ伸ばすと強くなります。

また前かがみになると和らぎますのでもし脊柱管狭窄症になった場合は歩く時にはついたり何か腰の負担を減らすられるようなシルバーカートを押して腰の負担を極力腕や足などに逃がすようにしましょう。

また移動の際自転車を漕ぐことも腰の痛みを減らすことになりますので長距離の移動をしたい場合は自転車ともおすすめです。

また治療方法ですが基本的にはリハビリやコルセット神経ブロック注射などで腰の負担を軽減させることが大事です。

しかしこれらの 治療でも効果が改善されず日常生活に支障をきたしてしまう場合は 手術を行うこともあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です