腰痛に効く体操

腰痛を治すために一番大事なのが、腰をストレッチすることです。

ここで私のおすすめの腰痛対策のストレッチ方法をご紹介いたします。

まず仰向けになって床に横になり状態の向きを変えずに、腰から下の太ももを中心に足をひねりますこのとき膝は90°に曲げてください。

そして例えば左足を 捻る場合は左肩はちゃんと地面に着いているようにすることが大事です。

これによって腰がしっかりとストレッチされて腰回りの凝り固まった筋や筋肉が伸ばされます。

また長時間の立ち仕事をしている人は なかなか寝っ転がるチャンスがないと思いますので、仕事中の空いた時間に腰をひねって腰のストレッチをやることをお勧めします。

手を腰に当てて 腰を中心に体を左右に自分が行けるところまでしっかりひねることが大事です。

背筋のストレッチ

次に背筋のストレッチになります。

仰向けになって床に寝転がります。

上を向いたまま膝を抱えてゆっくりと膝を胸元に持って行きます。

腰のストレッチが終わったら次はお腹のストレッチになります。

お腹周りのストレッチ

お腹のストレッチは腰とお腹の筋肉が連動していることによって身体の中心部を支えることができるので、腰のストレッチをやった後は必ずお腹のストレッチもやることをお勧めします。

まずはうつ伏せになって寝てください。

寝た後に腕で上半身を起き上がらせて腰をのけぞるようなポーズを取ります。

この時にしっかりとお腹の筋が伸びていることを意識しながらやってください 。

お腹の筋が伸びることによって腰回り全体の筋肉がしっかりと伸びます。

モモのストレッチ

最後にもものストレッチの紹介です。

なぜ腰痛と桃が関係あるのかなのですが、実はもものストレッチは腰痛対策に一番関連していると言われています。

訳はももは 腰の筋肉と直結しており普段歩く時のももの動きによって腰の筋肉のバランスが変わってくると言われています。

仮にもしモモの左右のバランスが悪い場合 腰にかかる負担も足の左右で変わってきてしまいます。

そうすると体のバランスが崩れ 嫌がってどちらか片方の腰に負担が増加してしまい、結果腰痛を引き起こしてしまうものと言われています。

なのでしっかりと太ももストレッチすることもとても大事です。

ではストレッチの方法ですがまず仰向けになって寝っころがり かかとをおしりにつくまで膝を曲げます。

この状態でなるべく膝を地面に着くようにしっかりと太ももを逃しますこれを左右の足30秒を3セット毎日やることにより ももの筋が伸びその結果腰にへの負担も軽減されると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です