椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは一体何なのでしょうか。

若い人からお年寄りまで腰痛の原因としてよくあると言われているのが椎間板ヘルニアです。

この椎間板ヘルニアとは一体どういったものなのでしょうか。

そもそも椎間板ヘルニアとは何なのでしょうか?

 

まずヘルニアという言葉ですがこのヘルニアという言葉は体の中の臓器が一部本来あるべき位置からずれてしまっていることを指します。

例えば通常ヘルニアという言葉で言うと脱腸やでべそなどが言われます。

椎間板にある軟骨が本来ある位置からずれてしまい背骨と背骨同士が衝突してしまい、腰痛が発生しまうことを椎間板ヘルニアと言います。

本来はこの椎間板と呼ばれる軟骨は背骨と背骨の衝突を防ぐクッションの代わりをします。

しかし何らかの理由でこの椎間板がずれてしまいその椎間板が背骨周りの神経を刺激することによって 腰痛を引き起こしてしまいます。

これが椎間板ヘルニアになります。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアになると腰痛を始め腰痛から通っている神経を刺激することによる下半身の痛みやしびれ足がうまく動かせないなどが起こります。

ではこの椎間板ヘルニアの原因はどういったものがあるのでしょうか。

椎間板ヘルニアの原因で多くあげられるのが日々の生活の中で腰に負担をかけていることが多いことです。

例えばずっと椅子に座りぱなしのデスクワークまたは重たい荷物を持つことによる腰への負担は運動のしすぎによる腰への負荷などです。

こういう腰に負担のかかりやすい生活を送っている人ほど、椎間板ヘルニアを発症しやすいと言われています。

特に男性の場合ドライバーは通常の方に比べて約3倍椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。

椎間板ヘルニアと診察されたら何をすればいいのでしょうか?

病院での対応

まず椎間板ヘルニアになった後に病院に行くとおそらく二つの選択肢が定義されます。

一つは通院してストレッチ等を受けることにより椎間板を正しい元の位置に戻してあげる方法です。

もう一つは手術をしてはみ出た椎間板を削除し刺激を与えないようにする方法です。

この前者のストレッチの方法は基本は腰に弱電流の電磁波を当ててマッサージをしていく方法と、その後牽引機で腰を引っ張り背骨と背骨の間に隙間をつけることによって、そこに椎間板を元に戻していくという方法があります。

おそらく現在では椎間板ヘルニアと言われた場合はこちらの方法がほとんどになると言われています。

しかし中にははみ出た椎間板がとても大きい場合手術が必要なケースも出てきます。

椎間板ヘルニアによって手術にするのかマッサージにするかは担当医と相談してご自身の体調とも相談することになって決めてください。

なお椎間板ヘルニアの手術をする場合現在だとだいたい1-2週間程度の入院が必要です。

ただものによって大掛かりな手術でなくても良い場合も最近はあり日帰りもしくは一泊二日での手術で退院できることもあります.

ただそういった手術はそれなりのスキルを持った熟練の担当医にしてもらう必要があるためそこの見極めをしっかりと受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です